gf1940282607m

第六位 アメリカ

 薄毛ランキング第六位はアメリカです。
ご多分に漏れず食生活が非常に大きく影響を与えていると考えられます。
スペインのような5回の食事などではなく1回の食事による摂取カロリーが桁違いのため、薄毛なるどころのさわぎでは留まらず、心臓病やガン、その他多くの生活習慣病が発生しています。
そのため国をあげて医療機関や技術の発達に精力を注いでいますが、手軽な薄毛対策のひとつである「育毛剤」はどうなっているのかというと、FDAという権威のある医療機関に確かなAGA対策と認められている成分はたったの2つしかありません。
 ひとつは「ミノキシジル」といって日本ではリアップなどに含まれる成分です。育毛としての効果は毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化とされていますが、詳細は分かっていません。
もうひとつは「フィナステリド」という成分で、医療用といての「プロペシア」の名称のほうが有名かもしれません。これは育毛よりも脱毛抑制する効果が確認されています。
 医療大国とも呼ばれるアメリカのお墨付きだと安心できます。そして最近のアメリカでは薄毛を含めた様々な病気を減らすため食生活の見直しがされています。

return top